マカ百科

マカ百科は、マカの情報発信サイトです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マカの学名と歴史


マカの正式な学名はLepidiumum meyenii Waip 俗名がマカ(Maca)といいます。
マカはアブラナ科のレピディウム属に属します。花はバラのような形で、地面下の「根と胚軸」の部分を乾燥させたものが食用となります。見た目はハツカダイコンのような形をしています。原産地はペルー高原で現在11種類のマカが栽培されています。塊茎の色は白、クリーム色、赤、黄、紫、黒など様々なものがあります。

ペルー人は紀元前3800年頃、すでにマカを栽培し、薬用食物として使用していました。ペルーはスペインから侵略を受けた歴史があり、その後、キリスト教布教のためにインカの人々が崇拝した神様の信仰を禁止し、お供え物だったマカも栽培できなくなったために空白の時期がありますが、1572年に一部の部族が物々交換にマカを使用したことから再びマカが使用され始めました。


スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。